【セブ島留学】人気の学校厳選比較ランキング!

セブ島へ留学するベストシーズンとは?

    

留学するのにベストな時期は

海外留学を決める上で大切な要素は現地の気候と料金でしょう。
セブ島の気候は熱帯性気候で温暖で平均気温は26度です。
年間を通して気温や降水量の変動が少ないのでいつ滞在しても快適です。
雨季にはスコールが経験できます。
気温が上がる南国の夏にサーっと降ってカラリとあがるスコールは気持ちよく、セブ島ならではの風物詩です。
9月から10月は台風シーズンになります。
台風といってもセブ島の台風は決して深刻なものではありません。
強めの雨と風が吹くくらいですので心配はありません。

 

ベストシーズンはずばり乾季!

1年中快適に過ごせるセブ島ですが、ベストシーズンはやはり雨があまり降らない乾季でしょう。
フィリピンの乾季は11月から5月と言われています。
フィリピンの中でもセブ島では(年によって多少の違いはありますが)だいたい1月から6月に雨が少なくなり乾季といわれます。
セブ島の気温は首都マニラに比べて寒暖の差が少なく、特に1月から5月は過ごしやすく晴れた日が続きますのでマリンスポーツやゴルフを思う存分楽しむことができます。
セブ島の雨季はだいたい7月から12月とされています。
雨季と言っても日本の梅雨のように毎日雨が降り続き蒸し暑くジメジメして過ごしにくいということはありません。
時々スコールが降りますがあとはさっと晴れて、一日中雨が降り続く事はありません。
雨季でも気持ちよく過ごしやすいのがセブ島の魅力です。

学業とリゾートの両方を充実させる!

美しいターコイズブルーの海に囲まれたセブ島では年中を通してダイビングを楽しむ事ができます。
語学留学とダイビングを併せて楽しむのであれば3月から5月の水温が30度近くまで上昇する時期がおススメです。
この時期は回遊魚も多く、憧れのマンタに遭遇する機会も多いです。
シーズンを選ばず一年中過ごしやすいセブ島ですが、リゾート型の語学留学を希望するのであればやはり乾季である1月から6月がおススメです。
この時期であれば晴れの日が続きますので学業とリゾートの両方を充実させることができそうです。
学生ならば冬休みや春休みをセブ島の語学留学に充てる事もできます。
フィリピンで年間を通じて変わるのは気候だけではありません。
特に語学留学に関して言えば時期により渡航費や授業料に変動があります。
留学生や世界各国からの観光客が押し寄せる夏休みの時期は航空券も高く、宿泊代や生活費などの滞在費も上がります。
留学するベストシーズンは個人の優先順位によって変わりますが、気候で選ぶのであれば雨季の煩わしさがない1月から5月でしょう。
セブ島は気候の変動が少ないので時期を問わずおススメなのですが、1月から5月は最も乾燥する時期ですので晴天が続き海は美しいブルーで南国の醍醐味を余すことなく満喫できます。
1月から5月の乾季はリゾート型の語学留学を考えていらっしゃる方にご満足いただける留学シーズンです。
質の高いレッスンを格安料金で受けたいという方におススメなのは4月から6月あるいは10月から12月のローシーズンです。
この時期をローシーズンと呼ぶのに対し、夏休みの時期はハイシーズンと呼ばれ、語学留学を志す方以外にも世界各国からの観光客やダイバーが大挙してセブ島を訪問しますので航空料金も宿発施設代金も高騰します。
ローシーズンである4月から6月と10月から12月は航空券も比較的に安くなります。
一方、航空券や宿泊料金の安いローシーズンに6人部屋をチョイスすればかなりリーズナブルな価格で充実した留学を楽しむことが出来ます。
もちろん価格が下がってもレッスンの質やカリキュラムに変わりはありません。
また、ローシーズンのセブ島語学留学スクールはキャンペーンやプロモーションを行っていることが多く、お得なパッケージを出していますので内容をチェックしてみてください。

 

ランキングはこちら