【セブ島留学】人気の学校厳選比較ランキング!

キャンパスが選べるセブ島の語学留学スクールの魅力とは?

    

語学留学スクールの魅力

 

 

フィリピンには沢山の語学留学学校があります。
セブ島だけでも100以上の学校があり、それぞれのキャンパスごとに魅力的な特色を持っています。
また学校によっては1校で複数のキャンパスを構えている学校もあります。
資本および経営も日本、韓国、フィリピン、アメリカ、ロシア、その他の国など様々で、資本ごとの特色がキャンパスに活かされています。

 

キャンパス選びのポイント

キャンパス選びには大きく3つのポイントがあります。
「予算と滞在期間」「得たい英語のスキルレベルと用途」「学校の指導指針」です。
セブ島は英語圏の中でも英語人口が世界第3位を誇っており、また世界屈指の美しいリゾート地としてアジアで人気の高い語学留学先です。
実際、夏から秋にかけての短期語学留学の問い合わせは毎年殺到し、スクールによってはキャンセル待ちのところも出ているようです。
人気の高いセブ島留学ですが、留学を希望する人の基礎的な語学力や留学の目的、ゴールは様々です。
スクールのキャンパスにはそれぞれ特色がありますので、英語のレベル、指導方法、キャンパス内規定、指導方針、クラス構成、生徒や講師の国籍など留学の目的や英会話スキルのレベルによって自分の留学スタイルに合ったキャンパスを選ぶことが出来ます。
語学力については、まったく英語の読み書きが出来ない人から、日本人にありがちな「読み書きは秀逸だけど話せない」、その逆でラテン系に多く見られる「解放的な国民性からちょっと変な英語を恥らうことなく話すが読み書きが出来ない」など国民性によっても多様性がみられます。
キャンパスを選ぶ上で、どのレベルの語学力を要求されるのかを見極めて自分に合ったキャンパスを選ぶことができるのもセブ島の語学スクールの強みです。

さまざまな指導方法

留学に求めるゴールも人によって様々です。
軽い国際交流を体験してみたい方からネイティブに迫るような英語力の習得を目指す方など多岐にわたります。
セブ島留学をファーストステップにして、次に本格的な海外留学を考えている方もいらっしゃいます。
それぞれのキャンパスには安全かつ快適に過ごす為に「キャンパス内規定」が設けられています。
キャンパス内規定とはそれぞれのキャンパスごとに設けられたルールのことで、キャンパスによってドレスコードや門限そして英語以外の言語での会話規制「English Only Rule: EOR」などがあります。
指導方法は主にスパルタ式、セミスパルタ式、リゾート型があります。
スパルタ式は平日外出禁止、言語規制(英語のみ)、毎日のテスト実施、平日はほとんど自由時間なし、など本気で英語力を上げたい人におススメの指導方法です。
厳しいですが短期間で手ごたえのある確かな成果が期待できます。
セミスパルタは平日の外出制限がありませんのでスパルタよりやや余裕がありますが門限はあります。
セミスパルタは強制的で制限が多く、ストイックに語学にいそしみ確実に成果を出したい方におススメの指導カリキュラムです。
セミスパルタは、厳しい制限があるスパルタよりも個人の自主性を尊重する指導スタイルです。
リゾート式はバケーションを兼ねたゆるい指導スタイルで、ストイックに英語漬けの留学期間で語学力をアップするよりむしろ異国の環境や国際交流を楽しみ、語学以外のプラスアルファを得ることを楽しみにしている方におススメの指導スタイルです。
指導スタイルはキャンパス選びの重要な要素といえるでしょう。
自分の留学目的に合った指導スタイルを選択することは留学を成功させる重要なポイントです。
また、建物の外観の第一印象やアメニティ、学校の資本国籍、生徒や教師の国籍をキャンパス選びの最重要課題だと考える方もいらっしゃるでしょう。
個人ごとに嗜好や優先順位は異なります。
セブ島の語学留学スクールはキャンパスごとに様々な素晴らしい特色を持っていますので沢山の選択肢の中から指導スタイルやカリキュラム、館内施設のアメニティなど自分にとって最適なキャンパスを選ぶことができます。

 

ランキングはこちら