【セブ島留学】人気の学校厳選比較ランキング!

セブ島留学時の衣食住

    

語学の習得や国際的な感覚を見つけられる留学先として人気のセブ島では、安全で快適な環境維持に欠かせない衣食住について、事前にしっかり把握しておくことが大切です。現地に到着してからこんなはずではなかったと慌てないように、セブ島留学時のポイントを押さえて準備を整えておきましょう。

衣食住の衣に対する対策は、暑い南国であるフィリピンのセブ島ですので、日本の夏をイメージした服装が一番分かりやすいはずです。外気が暑い分、日本と同じように施設内でエアコンを強くきかせている場所もありますので、上に羽織れる薄手の長袖を用意しておくと、体温調節がしやすくなります。

寮が個室の場合には自分の適温に調整できますが、共同生活をする可能性が高いことを考えますと、同じ感覚の人と相部屋になるとは考えられませんので、南国だからと安易に半袖だけで過ごすのではなく、調節できる上着があると体調を崩す心配が減り安心です。

続いて衣食住の食ですが、日本料理店が多いのが特徴で、安くてボリュームがある食事を楽しめます。勿論日本料理以外の店舗も沢山あり、韓国料理やフィリピン料理など世界各国の美味しい名物料理がセブ島留学中に味わえます。しかし語学学校の給食を3食食べるのが基本ですので、味の違いや食文化の違いにショックを受けること無く、安定した食生活が実現します。ただし、香辛料を用いるメニューがありますので、苦手な方は早めに確認すると安心です。

最後に衣食住の住ですが、語学学校独自の決まりやルールを設けて安全性を確保していますので、違反をしてせっかくのセブ島留学を無駄にしない取り組みが大切です。日本での生活に慣れたままの状態で過ごしていますと、思いがけないことでペナルティを課せられる可能性があります。

夜間の外出禁止や異性を部屋に入れことを禁止するなど、細かな決まりを設けて学生の生活を勉学に集中できるようにしています。大勢で過ごす時のみでなく、個室で過ごす際にルールが設けられているので、自分自身が身を置く語学学校のルールをしっかり知っておくのがお勧めです。

セブ島留学時における衣食住の注意点は理解できましたか?他のことに気を取られて見落としやすい衣食住については、事前に調べて確認しておきたいことは直接語学学校へ問い合わせするなど、事前の準備の仕方一つで現地にいる時に充実した時間を過ごせるかどうかが大きく変わります。これからセブ島留学をする予定の方は、是非参考にすると良いでしょう。